インサ アッサ アア って何??? 最近よく聞く韓国語の意味

アンニョンハセヨ~。

インサ アッサ インキャ アア

さて。

この中で一つだけ仲間外れはどれでしょう。

答えは、はい。

インキャですね。

インキャが陰キャ(陰気なキャラクター)という意味だと最近知って驚いたアラフォーチュブです。

INキャンパスかなんかの略だと思ってました!

はっはっは。

さて!

今日は韓国語について。

最近テレビで毎日のように使われている韓国の新造語、

インサ、アッサ、それからついでにアアの意味について書いてみようと思います。

1.インサ 인싸

インサと言えば、韓国語を普通に勉強されている方なら인사=挨拶という単語が思いつくはずですが、

これは인사ではなく、인싸。

英語のインサイダーの略語だそうです。

意味はというと、日本でいう「アウトサイダー」の反対。

誰とでも打ちとけられて、友達の輪の中に入っていくのが上手な、社交的な性格の人のことを指す言葉みたいです。

ネイバーなどで検索してみると、인싸=インサになりたかったら인사=挨拶をしよう!

みたいな文章がたくさん出てきました。

親父ギャグか…。

あ、ちなみに親父ギャグは韓国語ではアジェゲグ(아재 개그 アジョシのギャグ)って言います。

2.アッサ 아싸

アッサ아싸は日本語でも同じ意味のアウトサイダーの略。

아싸~~~~!!という「よっしゃーー!!」という意味の昔からある言葉と同じ発音のため、世のおば様おじ様たちを混乱させているとかいないとか…。

それにしてもこんな言葉が流行るところを見ると、韓国の若者たちも色々大変なのね、、、という気持ちになります。

日本でも「スクールカースト」なんて言葉が出てきてるみたいですけど、

まあどこの国でもいつの時代でも学校ってのはそういうところなんでしょうね。

テレビを見ているとアイドルや芸能人などへのインタビューで

「昔からもちろんインサだったんですよね?」

などと聞いていることがありますが、

意外と学生時代はアッサだったと答える人もいます。

だから今アッサの人も大丈夫。

そんなの大人になったら関係ないですよ!元気出して~!(※昔の自分に言ってる。)

 

3.アア

最後はおまけで、アア아아について。

アア~ってなんか感心してるわけじゃないですよ!

ヒント。

カフェで使う言葉です。

分かりましたか?

答えは、アイスアメリカ―ノの二つのアをとって、「アア」です。

確かにアイスアメリカ―ノって言うの地味に長いですもんね。

ここは短くアア!でいきましょう!ってことですね。

最初は嘘だろ~って思ってたけど、

意外と皆さん「じゃあ私、アアで。」みたいな感じで普通にカフェで使ってますね!

(私は使ったことないけど)

間違えて日本で「アア」って注文しても永遠にアメリカンコーヒーは出てこないと思うので韓国人の方々は要注意!

 

以上、今日は3つの新しい韓国語についてご紹介してみました。

次々に新しい言葉が生まれてくるのは日本も韓国も同じですね。

次はどんな面白い言葉が出てくるのか、ちょっと楽しみです!

それでは、

アンニョーン♪

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA