韓国の人気急上昇中バンド「ジャンナビ 잔나비」が熱い!

(※この記事を書いた約1週間後にジャンナビの状況が急変しました..。それについては記事の一番最後に追記しました。)

こんにちは!

今日は韓国で現在人気急上昇中のインディーズ・バンド、ジャンナビ잔나비についてご紹介したいと思います!

昨日彼らのライブをスマホの生中継で見たばかりのため、いささか興奮気味のご紹介になるかとは思いますが、どうぞご了承いただけましたら幸いです!

(※なぜスマホライブを見ることになったかというと、うちの近所の公園でジャンナビが無料ライブをやっていたのですが観客が多すぎて中に入れず、やむ終えず家に帰って運営サイドが中継しているライブをスマホで見た、という流れです(涙))

1.ジャンナビ잔나비とは?

ジャンナビ잔나비とは、2014年4月にデビューした男性5人組によるインディー・ロックバンド。

※メンバーは、リーダーでボーカルのチェ・ジョンフン(최정훈)、ギターのキム・ドヒョン(김도형)、キーボードのユ・ヨンヒョン(유영형)、ベイスのチャン・ギョンジュン(장경준)、ドラムのユン・ギョル(윤결)の5名。

全員1992年生まれ。

韓国版ウィキペディア「나무위기」によると、

「メンバー5人とも、サヌリム(※1977年結成の韓国の伝説的バンド)、クイーン、ビートルズなど、‟昔のバンド”の熱烈なファンであるため、”昔の音楽”に強い影響を受けている」とのこと。

最近、韓国の人気番組「ナホンジャサンダ나 혼자 산다(私一人で暮らす)」に出演したことでも話題になりました。

(というか、私はこの番組がきっかけで知りました。)

この番組のレギュラーメンバーである人気女性芸人パク・ナレも、ファンだと言っていましたが、

その他の芸能人の間でも今たいへん熱い支持を集めている模様。

2.代表曲は?

色々あるとは思いますが、現在人気を集めている有名な曲として、以下の1曲を挙げたいと思います。

『주저하는 연인들을 위해』「ためらう恋人たちのために」。

ちなみに下の公式ミュージックビデオに出演しているのはご本人ではございません。

 

『주저하는 연인들을 위해』「ためらう恋人たちのために」公式ミュージックビデオ。

メンバー全員が「昔の音楽に影響を受けている」という通り、

少し不思議でノスタルジックなメロディーが癖になるジャンナビ。

こちらの”SHE”という曲も、チェ・ジョンフンの優しくも癖のある声がとても美しい一曲です。

 

こちらはご本人。ただし2019年現在とは髪型や雰囲気はだいぶ異なります。

 

上の2曲だけを聞くと、静かな、おとなしくてシリアスな雰囲気の曲ばかりかという印象を受けるかもしれませんが、そうではありません。

ユーモラスで、不思議に可笑しい歌がいろいろとあります。

私のおススメは、

사랑하긴 했었나요 스쳐가는 인연이었나요 짧지 않은 우리 함께했던 시간들이 자꾸 내 마음을 가둬두네

というとんでも無く長いタイトルの曲(笑)。

“愛してはいたのかな 通り過ぎて行く縁だったのかな 短くはない一緒にいた時間たちがしきりに僕の心を閉じ込めるね”

もっと良い訳がありそうですが、直訳するとこんな感じ。

この曲はタイトルとは裏腹にとってもテンポの良い軽くてカッコいいノリの曲!

ライブでも大人気でした!

もう一つは、

“신나는 잠”(楽しい眠り)。

不思議なメロディーが面白い!

ボーカルのチェ・ジョンフンがなかなか眠れないときに楽しく眠りたくて作った曲だとライブで話していました。

3.ボーカル、チェ・ジョンフンの魅力

さて、ここまででジャンナビがどういうバンドなのかということが少しはお分かり頂けたかと思います。

しかし。

彼らの魅力は、ただ音楽だけではない。

ライブがすごいんです!!

実はミュージックビデオでのイメージとは対照的に、彼らのライブはとってもアツい!!

元気いっぱい!!と言っても過言ではない。

気になる方はぜひぜひユーチューブでライブの様子などを探してみてください!

特にこのジャンナビを率いるリーダーでもあり、ボーカルでもあるチェ・ジョンフン。

彼の舞台パフォーマンスがとっても元気で独特で面白い!

よろめくような不思議な動き。(実際何回か機材に引っかかって転びそうになっていた。)

衣装は最近はカラフルな細身のスーツをよく着ているみたいです。

私が見たときはエメラルドグリーンのシャツに赤系のネクタイ、青い細身のスーツでした。

そして、細い!

スラーっとしています。

ライブでの彼を〜〜系という言葉で表すならば、

ちょっと熱めの草食系、昭和系 、文系 、王子系(現在の髪型は昔の安貞桓(アンジョンファン)選手に似ている。オールバック姿は昔の桑田佳祐に似てると思う。)、レトロおしゃれ系、文通系(文通が似合いそう)、…て感じでしょうか。

何となく、伝わりましたか?

伝わっていれば、うれしいです。

この時のライブは一般市民向けの無料公演であったにも関わらず、手を抜くことなく、元気いっぱい、力いっぱいに思いっきり心をこめて歌ってくれているようでした!(だから観客も熱いアツい!!!会場に入れた人うらやましい!)

4.さいごに

以上、半径約1キロメートルの距離に居たのになぜか自宅のスマホを通してライブを見る、という悲しくも謎の展開でしたが、

それでも十分に彼らの魅力に圧倒されてしまったのが、またすごいと思います。

実は2時間以上前に会場に着いたのですが、とにかく若い子たちが多かった!!

この街にこんなに10代、20代が居たのかと思うくらい。もしかしたら、ファンたちが少し遠いところからも来ていたのかもしれません。

2019年度から大きな人気を集め始めている彼ら。

ライブの画面越しからもものすごいキラキラオーラが伝わってきました!

ボーカルのチェ・ジョンフンが、「今この瞬間が人生で一番幸せな瞬間かも」って言ってたのが印象的でした。

不思議な魅力のあるジャンナビ。

これからも、彼らの活動に注目していきたいと思います!

※この記事を書いた約1週間後の5/24。キーボード担当のユ・ヨンヒョンが高校時代に学校暴力(イジメ)を行っていたとして当時の被害者からネット上での告発を受けました。本人もその事実を認めてバンドを脱退することになったそうです。今後のジャンナビの活動がどうなるのかは私にも分かりません。この1週間ずっとジャンナビの歌を聞いていたのでとてもショックです。。記事にも書いた通りボーカルのチェ・ジョンフンがライブで「この幸せがいつまで続くのか」「今が人生で一番幸せな瞬間なんじゃないか」という趣旨の発言をしていたのが妙に印象に残っていたのですが、、、まさかこんな事態になるなんて。。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. れいか より:

    私もここ最近毎日聞いていて、先週学祭で遠くからみてきました。正直遠くてもほんとに聞けてよかったし感動して、絶対単独いかなきゃ!っておもってたので、今回のことショックです。。なんとかジョンフンくん持ち越して是非また楽しいライブみしてほしいですよね。。なんか、日本ではまだまだ知れ渡ってないのでつい書き込んでしまいましたー(泣)

    • chubu より:

      れいかさん
      コメントどうもありがとうございます。
      コメントの最初から最後まで私も全く同じ気持ちです!
      ささやかでもいいので、なんとかまた彼が音楽を続けてくれたらいいな、、と思います。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA